読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android開発環境の整理(Android Studio / Eclipse ADT)

まず、Androidアプリ の開発環境ですが、

 

ググると、「Eclipse  ADT(Android Development Tools)」 と、「Android Studio」 が出てきますが、現在はAndroid Studio 一択で問題無いです。

 

昔は、Eclipse ADTしかありませんでしたが、

2014年12月にAndroid Studio v1.0が正式にリリースされ、Googleさんも、これからはEclpse ADTはサポートせずにAndroid Studioで行きます宣言したので、もうこれしかありません。

 

まだ、昨年頃はAndroid Studio の情報より、Eclipse ADTを前提とした説明も多かった気がしますが、今はAndroid Studioの情報も十分に揃ってる感じです。

 

Android Studioの良いところ

SDKとか足りなかったら、エラー時のリンク叩けばSDKを勝手に落としてくれる

・ライブラリの導入が非常にラク

build.gradleファイルに書けばライブラリを落とせる

Eclipseの時は、ライブラリのjarファイルを落としてlibsフォルダに入れて…という事をしてましたが、そういう手間が無くなる

 

Android Studioの良くないと思っているところ

Eclipse ADT時に比べるとビルド→インストールまでが遅い

Android Studioが遅い事については、結構ネットでも情報が出てきますし、

お困りの方も多いようです。

wannabe-jellyfish.hatenablog.com

Android Studio の ビルド がやけにトロい

gradleのオフライン設定や、メモリ設定をいじったりしましたが、そこまで改善せず、

Eclipse ADT時のような速さを求めるのは酷のよう。

言うても、今作っているアプリなどは1分以内にビルド完了するので、

あまり贅沢言わないようにします。

 

とりあえず、

新規アプリ作成する際は、Android Studio

昔のAndroid アプリ(By Eclipse ADT)のメンテが必要という時は、Eclipse ADT。