読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android開発用ライブラリの整理(2015年11月時点その3)

 

正確にはアプリ開発のライブラリではなく、

Android Studioプラグインになりますが、非常に使い勝手が良いため、紹介。

 

アイコンジェネレータ

Android Material Design Icon Generator Plugin

当初は、Android Drawable Importerたるプラグインを見つけ、使ってみたのですが、

インポートする際に表示されるダイアログが、開いた直後にグングン横に延びる、という謎現象が発生し、ボタン押下自体が出来ない状態に遭遇したため、導入をあきらめました。

どこに原因があるか分かりませんが、ひとまずAndroid Studioのバージョンはv1.4 beta2の環境だった事は、一応メモ。

 

で、困っていた所、見つけたのが、Android Material Design Icon Generator Plugin

github.com

ドラ○もんがかわいいです。

 

 

数あるマテリアルアイコンから好きなアイコンを選択出来るし、アイコンのサイズ+カラーも変更可能です。チェックを入れれば、dpi別のファイルも作れますし、

思いのほか使い易く、助かっています。感謝です。

 

f:id:hide1024:20151105195401j:plain

 

UMLジェネレータ

・PlantUML integration

下記記事を拝見し、導入してみました

トンガルマン ブログ: Android StudioでもUMLモデリングしたい!

 

ひとまず、シーケンス図の作成で使わせていただいてます。

シーケンス図の作成となると、当社では、一般的にastahを使う事が多いのですが、個人的にはastahより使い易いです。ソースレベルで書いていく記法ですし。

ソフトウェアの規模等で違いが出るのかもしれませんが、今のところは不便は感じていません。